単身引越しの荷造りのコツは、以下の通りです。 ・貴重品は自分で運ぶ ・使わないものから荷造りする ・重い物は下に入れる ・重くしすぎない ・洗濯機の水抜きをしておく ・パソコンのデータをバックアップしておく 現金や通帳、クレジットカード、印鑑といった貴重品は、紛失したら大変なので、ダンボールに詰めずに自分で運ぶようにしてください。 それに、荷造りは使わないものからするというのが基本です。 特に頻繁に使用するものは、前日まで詰めないようにするといいかもしれません。 また、重い物を下に入れて、軽い物は重い物の上に乗せるようにしましょう。 そして、あまりにも1つのダンボールを重くすると運ぶのが大変なので、ほどほどにしておくことも大切です。 それから、洗濯機の水抜きをしないと運ぶ時に水が出てしまいますから、忘れずに水を抜いておいてください。 それと、パソコンが輸送中の衝撃などで故障する可能性を考慮して、データのバックアップをきちんと取っておきましょう。 こういったことを意識して荷造りをすることで、スムーズに引越しの準備を行うことができます。